Steamゲーム感想記

忙しいからこそゲームをする

Trackmania² Lagoon〜物理演算を無視したイライラ棒〜@steam探索録

今や1年で6000本を超えるゲームがリリースされているsteamから、ネットゲーム新米の筆者が気になったゲームをプレイして紹介する「steam探索録」

 

今回紹介するのは、個性豊かなコースを舞台にしたUBISOFTのレースシリーズの一つ「Trackmania² Lagoon」だ。

 

※お詫び※

いつもはゲームプレイ画像を載せているのですが、今回のゲームは一切のキャプチャーソフトを受け付けないため、画像はSteam公式サイトからの引用のみとなります。

 

 

基本情報、及び公式PV

ゲーム名 Trackmania² Lagoon
ジャンル レース
値段 498円
おすすめ度 2.0/5.0

※値段は税込み表示。セールで割引される場合があります。
※「おすすめ度」は3.0を基準点として、値段や内容、操作のしやすさ等を筆者の個人的な価値観で考慮して決められています。

 

 


Trackmania² Lagoon Launch Trailer

 

システム

大自然をバックにお手軽レース

 ※Steamストアページより引用

舞台は海と山に恵まれた常夏のアイランド。

数多く作られたショートコースを攻略し、トップタイムをたたき出そう!!

 

重力無視のコースを攻略しろ

f:id:liefugame:20180430114529p:plain

 ※Steamストアページより引用

Trackmaniaシリーズと言えば重力無視のハチャメチャレース。

今作にも直角にそびえたつストレートや大回転ループが健在!!

マリ〇カートもびっくりな反重力レースを楽しめる。

 

コースを作ってシェアしよう!!  

シリーズお馴染み

のコースメイク機能も完備。

パズルピースを埋める感覚でコースを作れるぞ。

さらにコースをシェアすることも可能。

 

自慢のコースを投稿するもよし。

世界のプレイヤーのおもしろコースを走行するもよし。

楽しみ方は人それぞれだ

 

一人でも、友達とでも、熱くなれる!!

 ※Steamストアページより引用

通信対戦機能も完備されているので、遠くの友達と対戦も可能。

一人でじっくり技術を磨いたら、友達と熱いレースを繰り広げよう!!

 

GOOD POINT

数多くのテンプレートコース

シングルプレイで走れるテンプレートのコースは65種類

それぞれがかなり個性的なコースで、オムニバス形式で楽しめる。

 

さらに、タイムアタックはワールドランキングにも対応しているので、

世界中のプレイヤーと争うこともできる。

 

短いコースをパズル感覚で楽しめる

このゲームでは周回を行うコースはごく一部で、

大半がスタートからゴールまで一本道のコースで、距離も短い。

その分、コースはトリッキーなものが多い。

 

そのためプレイ中は

「あのカーブはどのラインから入れば突破できるのか?」

「ここはブレーキをかけるべきか否か」

と、パズルを解くような楽しさも噛みしめることができる。

 

この「短いコース」と「パズル要素」のコンボが

シリーズならではの魅力を作り出している

 

色々なプレイヤー需要に対応

前述通り、一人でコツコツ楽しむもよし。

はたまた、友達とバカみたいなコースでワイワイ楽しむもよし。

ステージをとにかく作るもよし

 

数多くの楽しみがこのゲームには備わっている

 

BAD POINT

選べる車がまさかの一台

トレイラーを見た方なら薄々感づいているかもしれないが、

運転できるのはSUV1車種のみだ。

登場車種が少ないゲームもごまんとあるが、

せめて三台ほど選択肢を与えてほしかった。

 

 

オンロード時のコーナリング感度が強すぎる

上記で挙げたSUV時速300キロを軽くたたき出す

F1車両も顔負けな車なのだが、 そのコーナリング性能も怪物級だ。

 

なんとオンロード走行なら

時速300キロのなか

ノンブレーキで

大抵のカーブを攻略していく。

 

さすがに90度近いカーブはブレーキが必要だが、いくら何でも感度が強すぎる。

軽いカーブなら曲がりすぎで内側の壁にぶつかることも少なくない。

 

オフロードの挙動は悪くないだけに、

なぜオンロードの挙動計算がこうなってしまったのか不思議でならない。

 

 

視界設定がコースごとに固定

このゲームでは視界設定がコースごとに固定されている。

(基本的に後ろから見下ろす設定。反重力コースだとボンネット視点)

 

レースゲームではどの視界が好きか人によって異なるため、

選べないことでストレスを感じるプレイヤーもいるだろう

 

 

謎のコースアウトが発生する反重力コース

このゲームの売りである反重力コースだが、

公式コースでも謎のコースアウトが発生するときがある。

 

具体的にはスピードを出し過ぎて反重力コースから飛び出す。

(恐らくコース的に想定されていない挙動)

例えパーティーゲームと割り切っても、ゲームとしてこの挙動を起こすのは

如何なものだろうか?

 

 

総評

 ※Steamストアページより引用

本格派にもパーティー派にもなれなかった中途半端なレースゲーム。

挙動はパーティーレースなのだが、他のパーティーレースゲームに比べて面白味にかけてしまうというのが最終的な印象だ。

 

むしろやっていけば分かるのだが、爽快感以上にストレスがたまる。

壁に少しでも当たれば体制を崩して大幅にタイムロスするが、

コースが狭い&車が速いせいで地味にシビアな操作を強いられる。

 

例えるなら超高速イライラ棒

Steam評価コメントで他の人も同じ表現をしているが、これに尽きる

コースアウトしたらやり直し、壁に当たったらやり直し…

この繰り返しをあなたは耐えられるだろうか?

 

ただ、必ずしもつまらないわけではない。

操作に慣れればハマることはハマるし、暇なときにやりたくなる時もある。

しかし、他のゲームでいい気がする。うん。

 

要は操作感の問題なのだ。

ゲームのデザインは悪くない。ただあまりにも操作感が悪すぎる。

幸いにも同シリーズの他作品だと操作感がまた違うらしい。

評価も他作品の方が高いため、このシリーズをするぐらいなら、

「TrackMania² Stadium」から始めるほうが吉かもしれない。

(筆者未プレイ)

 

UBIソフトって技術力高いけど、いつも惜しいって思うのは私だけ?

私だけかなぁ(;´・ω・)

 

<要注意>はてなブログ初心者がやらかすミス<懺悔>

 

いつもはゲームの感想を書いてる当ブログ

 

ですが

 

今回は懺悔の意味を込めて

私が今までではてなブログでやらかしたことをまとめていきます。

 

いつも拝読してくださる読者様には謝意

 

はてなブログをやり始めたばかりの皆様や始めるか検討している皆様には

 

同じ轍を踏まないことを祈り

 

この記事を執筆します。

 

 

 

目次を忘れがち

[:contents ]

 

sと]の間にあるスペースを消して、「見たまま設定」に書くだけで目次が自動生成されます。

後は見出しを範囲指定して、左上の見出し設定を変更するだけ。

 

 

あと上の編集メニューにある「目次」ボタンからも作れます。

(文字色変えるボタンの上ぐらい) 

 

 

まとめ記事を書くなら載せておきましょう。

読みやすくなります。

 

 

ブックマークコメントを無視しがち

 

はてなブックマーク」はお気に入りの記事を登録して後から読み返せる機能です。
ブログの上か下にボタンがあり、それを押すことで登録できます。

 

 

そしてこの機能、実はコメントを残せます。

はてなブログを愛用している人の中にはコメントを「コメント欄」ではなく、

この「ブックマーク」で残す人も多いのです。

 

 

そしてこのブックマークのコメント、割と見逃します。

現に私は3か月も見逃してました。

すいませんでしたーーーー!!!

 

 

「ブックマークがついたら、ボタンを押して確認」

この習慣を忘れないようにしましょう!!  

 

 

ツイッター連携を忘れがち

 

help.hatenablog.com

 

ブログ設定から連携が可能です。

ハッシュタグもつけられるので、ジャンルによってはPVが伸びるかもです。

また、知り合いに呼んでもらえる可能性もあるので、連携して損はないはずです!!

 

 

デザインをこりすぎて見にくくなりがち

 

デザインを決めるのが楽しいのは分かりますが、

ごちゃごちゃなデザインになっていませんか?

 

 

ブログの種類や用途、書き方にもよりますが、

背景はシンプルなものが個人的には見やすいと思います。

 

 

私も現在進行形でデザインについて悩んでいますが、

とりあえずはてなブログは「シンプル」なデザインと相性が良いです。

 

 

何をすれば良いかわからない人は、まずは見出しから手を付けてみては?

そのときはぜひ「統一性」を意識してみてください。

 

見出し一つで、読みやすさは変わりますよ(*'ω'*)

 

 

 

 

力を注ぎすぎて辞めがち

 

 「ブログやってPV稼ぐぞーーーーー!!!!」

          

「ぜんぜんPV稼げん…もう無理!!!!!(´゚д゚`)」

 

 

初心者にありがちなこのジレンマ。

PVがダイレクトに見えるせいで、心が折れるブロガーも多いはず。

実際2年前の私もそうでした。

 

 

ただ、気づいてほしい。

 

 

ブログを始めて早々にPVが稼げるはずがありません。

 

 

ゲームみたいなサブカルジャンルならなおさらです。

 

そもそも、ブログは長く続けることで初めて価値が付きます。

商売でブログをしているならともかく、

趣味でブログをしているなら、まずはブログのPVは気にしないことですね。

 

 

ついでに私のスタンスは、「自己満足ゲーム日記」です。

ブログはゲームをする意味づけみたいなものと考えています。

欲を言えばPV稼ぎたいけど(笑)

 

とにかく、PVとか無視してまずはブログを書いてみましょう。

 

 

 

 

終わりに:こんなブログでも見ている人がいます。

 

ですから、皆さんがブログをすればまず誰か見てくれるはずです!!

 

 

ぶっちゃけいうと私のブログなんて見にくいし、

更新も週1レベルでたまに休むっていう

ダメダメブログなんです(;´・ω・)

 

それでも、10PVぐらいはついてるんですよ。

ぶっちゃけ私もなんでか知らないですけど!!(笑)

 

 

ですから、

せめても今見てくれているあなたにまずは感謝を!!

 

 

そして、もしあなたがこれからはてなブログを始めるなら

今挙げたことだけでも押さえてくれると嬉しいです!!

 

 

そして、できれば読者になってくれたらもっと嬉しかったりします((

 

 

 

…また気づいたことがあれば更新します。

Portal 〜FPS入門にもってこいなパズルゲーム〜 @steam探索録

今や1年で6000本を超えるゲームがリリースされているsteamから、ネットゲーム新米の筆者が気になったゲームをプレイして紹介する「steam探索録」

今回紹介するのは「ゲーム初心者がゲームに慣れる」ことを目的に作られたFPS視点のパズルゲーム「portal」である。

 


基本情報

ゲーム名 Portal
ジャンル パズルアクション
値段 980円
おすすめ度 5.0/5.0

※値段は税込み表示。セールで割引される場合があります。

※「おすすめ度」は3.0を基準点として、値段や内容、操作のしやすさ等を筆者の個人的な価値観で考慮して決められています。

 


システム

 

数々のテストをパスしよう。

f:id:liefugame:20180318060637p:plain f:id:liefugame:20180318060853p:plain


このゲームの目的は様々な課題が用意された部屋を一つずつ突破することだ。多少毒舌なナレーターの案内を聴きながらテストをパスしていこう。


ポータルを使いこなせ

f:id:liefugame:20180318062837p:plain


このゲームの核を握るのが「ポータル」と呼ばれるもの。

これは壁や床に作ることが可能なワープホールのようなもの。青いポータルとオレンジのポータルが存在し、お互いが入り口と出口の関係になっている。

 

例えば画像のように、上にオレンジ、下に青のポータルを作る。

この場合、下の青いポータルに入ると上のオレンジのポータルから出ることになるのだ。もちろんオレンジから青という移動も可能である。

 

ポータルは鉄などの一部素材を除き、壁さえあれば「ポータル銃」を使って自由に作成可能。

さらにポータルの活用方法はただ出入りするだけでは無い。

 

ポータルを使えば空だって飛べる 

※画像はWikipediaより引用(Portal (ゲーム) - Wikipedia

ポータルには「高速で入ったものを同じ速度で排出する」という特性がある。

これを応用することで、画像のような谷を飛び越えることが可能になるのだ。

この他にも、ポータルは多様な使い方ができる。

ぜひゲームをプレイしてポータルの可能性を発見していただきたい。


ポータル以外にも仕掛けは様々。

f:id:liefugame:20180318061511p:plain


ゲームにはポータル以外にも様々な仕掛けが存在し、中には致死性のものある。

(倒されたプレイヤーはすぐに復活)
 中には一見すると解決不可能なギミックも存在するが、ポータルを活用することでどのギミックも乗り越えられるようになっているので、頭をひねって考えていただきたい。

謎のテストの先に待ち受けるものとは…

先進的なポータル技術、淡々と進められるテスト、そして妙に恐怖心を煽るナレーション。

謎多きこのテストの先に待つものとは一体何なのか?

ポータルを活用して全てのテストをクリアしよう!!


GOOD POINT

自然とゲームが上手くなる設計

先述のように、このゲームではプレイヤーが行うアクションのチュートリアルを、テストという形でストーリーに導入している。

これらのアクションは他のゲームでも応用できるものが多く、プレイヤーはこのゲームを通してゲームプレイの技術を自然と上げることが可能になっている

 

後半からは自由度の高いパズルに

後半のテストに関しては解決法が複数用意されている。

ポータルは比較的自由に作れるため、攻略サイトにない解き方を行うことも可能だ。

 

パズルを阻害せず、味があるストーリー要素

このゲームには一通りのシナリオが組み込まれており、このシナリオの表現方法がパズル要素を阻害しない素晴らしいものとなっている。

 

またストーリー自体も、Valve作品独特のミステリアスな雰囲気を引き継いでいる。

特に今作品では独特なナレーションに注目してもらいたい。

Valve作品経験者ならワクワクする事請け負いだ!!

 

セール時購入でさらにGOOD!!

Steamセールなどでは驚異の90%引きを叩きだすことが多い。

(作者は大体100円で買いました)

過去に無料配布もあった作品だが、作品のクオリティ的に約100円でも安すぎるので、

セール時には要チェック。


BAD POINT

通称「Portal酔い」に要注意!!

ゲームをプレイしていると、ポータル脱出時に視界がぐるんと回る現象によく遭遇する。

これはポータル脱出時の体制が逆立ちのようになっており、その逆立ち状態から回復する際に発生するものだ。

 

これ以外にもポータルは視界がいきなり変わるため、車酔いのような不調をきたす場合がある。ゲームをプレイする場合は適度に休憩を取ろう

 

Valveファン以外には分かりにくいネタ表現

今作品はValveの他ソフトをやっていないとわからない小ネタがストーリーに組み込まれている。

これはゲーム攻略には関係ないものの、ストーリーを100%楽しむには、Valve作品の知識が必要なのは頭に入れておこう。

 

たまに感じる理不尽さ

パズルゲームではあるが、たまに初見殺し要素や力技で切り抜けなければいけない場面が出てくる。

 

幸いプレイヤーはいくらでも復活が可能なのでごり押ししたところでデメリットはないが、アクション要素も若干強めであることを理解しておこう。

 


総評 &Steamリンク


※Steamストアページより引用

 

FPS入門にもってこいなパズルゲーム。

FPSに不慣れな人はとりあえずこのゲームをプレイしてほしい。

ゲーム終了時には移動やアイテム処理など、必要最低限のFPS技術は習得できるはずだ。

 

また、ゲームに慣れているプレイヤーにもミルテリアスな「Portal」独特の雰囲気を味わってもらいたい。

人は選ぶかもしれないが、「Valve」の魅力を知るにはうってつけのタイトルだ。

値段もセール時には約100円なので、とりあえずの一本に買うのも有りだろう。

 

右から左に、上から下に。 

ポータルを使って縦横無尽に研究所の謎へ挑んでもらいたい。 

 

store.steampowered.com

 

<パクリ?>PUBGに似ているタイトルをまとめてみた<オリジナル?>

※Steamストアより引用

 

100人同時PVPという、

今までにない壮大なゲームシステムにより一躍人気となった

playerunknown's battlegrounds」(通称PUBG)

 

同時アクセス数が執筆現在でも250万人~300万人という莫大な数を記録するこのゲーム。

最後の一人まで勝ち残ることを表した「ドン勝つ」という言葉はPCゲーマー界の2017年流行語と言っても過言ではありません。

 

筆者もPPS初心者ながら結構楽しませてもらっています(≧▽≦)

(なおドン勝つには一度もありつけていない模様)

 

そんな人気作品にまで成長した本作ですが、人気作品になると現れる悩みが一つ。

それが「オマージュ問題」

 

PUBGが発売されてから、100人同時PVPをモチーフにしたゲームが多く販売されるようになりました。

それらのゲームを見てみると、グレーなラインを攻めているものからどう見てもパクりだろと思うゲームまで様々。

 

ただ、そんなグレーな作品から新たな人気作が出ることもまた事実。

ということで今回はPUBGに似ているゲームをまとめていきます(*‘ω‘ *)

 ※今回はプレイレビューではありません。

 

 

そもそもPUBGの特徴とは?

PUBGと似ているといっても、同じバトルロイヤルゲームを全て似ていると言うのはまた違うもの。

そこで、比べるにあたり、PUBGが持つ要素を挙げていきましょう。

 

①100人同時PVP

前述通り。

これがPUBG一番の魅力でしょう。

 

②マップへ降下してスタート

PUBGはプレイヤー全員がヘリコプターに乗った状態でスタート。

ヘリコプターはマップを横断するので、好きな場所へ降下して戦闘を始めることになります。

この点もこのゲームならではの特徴の一つですね。

 

③落ちている武器を拾って戦うシューティングゲーム

PUBGではマップに存在する建物や倒したプレイヤーから武器を押収して自らの戦力にしていきます。

PUBGならではのサバイバル要素の一つです。

 

④エリア縮小要素

ゲームが進むににつれてプレイヤーが少なくなると、比例して戦闘が起きにくくなるもの。その問題を解決するのがこの要素。

普通のFPSオープンワールドではそこまで見かけない要素です。

 

⑤マップの世界観。

PUBGでは現在2つのマップが稼働中。

1つは西洋にあるのどかな田舎を思わせる「森マップ」

もう一つは乾燥地帯を題材とした「砂漠マップ」

この要素が一致したらパクリ疑惑が一気に深まります。 

 

ざっとこの5点でしょう。

これ以外にも、キャラクターの挙動や歴史等を見て判断していきます。

 

 

公式が懸念を表明した「Fortnite Battle Royale

説明

ゲームの販売会社である「EPIC GAMES」は鉄拳7やPS4VRのサマーレッスン、そしてPUBGにも採用された「Unreal Engine 4」の開発会社。

PUBGの販売側とも関係は良かったみたいですが、この「Fortnite Battle Royale」で100人同時PVPが実装されると、PUBG側がその類似性に懸念を表す事態に発展しました。

ソースはこちらから↓

『PUBG』開発元が『Fortnite Battle Royale』の類似性に懸念―さらなる措置も検討 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

 

それもそのはず、なんだってこのゲームは

世界観以外の4つの特徴を全て網羅している

 

しかもPUBGとの協力が深かったとなると…ほぼ黒に近いグレーですわ(;・∀・)

 

 

さてさて、そんな「Fortnite Battle Royale」ですが、ゲーム内容を見ると

PUBGに建築要素を組み込んだようなもの。

 

 

そう、このゲームではプレイヤーが自由に階段やブロックを作ることが可能。

既存の建物以外にも自らが作った建物から狙撃したり、普段登れない場所へ階段を作成して行くことだってできちゃうのです。

さらにトラップやミサイルランチャーもあったりと、割とPUBGよりもライトな感じ。

 

 

まあ、こう見るとPUBGと違うかなとも思えますが、

それまでの経緯を見ちゃうと…ねぇ(;´Д`)

ただ、面白そうなのは事実。やってみたいと思う自分が悔しい!!

 

 

ゲームは無料でもプレイ可能。

興味がある人は試しにいかがでしょうか?

www.epicgames.com 

(注)外国語サイトです。

 

相違点

・階段やブロックをクラフトできる

・ランチャー系の武器が存在

・車に乗れない

・PUBGよりもファンタジー志向が強い

・基本プレイ無料

 

 

ここまで似せるとある意味凄い「荒野行動」

「荒野行動」の画像検索結果

Google Playより引用

説明

 

中国製のスマートフォンアプリ。

PUBGをまんまスマートフォンに落とし込んだようなゲーム。

実際にプレイすれば分かると思いますが、マップの雰囲気とかが似ているというか、パクリと言われてもおかしくはないレベルです。

 

 

驚くことに、PUBGの5つの要素を全回収しています。

マップの世界観も似ていると言わざる負えない(;´・ω・) 

 

 

一応、雰囲気は似ているもののマップの形が違ったり、偵察を行えるドローンなど、このゲーム専用のアイテムがあったりと違いは存在します。

 

ある点をとればPUBGよりも先進的だったりしなくもないんですけどね~。

スマホにこのシステムを落とし込んだ点も評価すべきだとは思います。

 

ただ、やっぱりPUBGの2番煎じ感は否めませんね。

世界観とか全く同じですもの(笑)

そこら辺も同じにするのが中国クオリティーですね(;・∀・)

最近では本家PUBGもスマホアプリに参入してきたので、競争に注目ですね。

 

 

スマホアプリのこのゲーム

基本プレイは無料なので、その目でPUBGとの差を確かめたい方はぜひ。 

 

相違点

・オリジナルルールの存在

・PUBGにない種類のアイテムがある。

スマートフォンアプリ

・基本プレイ無料

 

 

パクリじゃないけど色々危うい「Paladins」

説明

PUBGというよりも、OverWatchから訴えられそうなPCゲーム作品。

この度バトルロワイヤルモードの発表がありました。

その名も「Paladins:Battlegrounds」

訳すと「PLBG」

完璧に寄せてきていますね~ハイ。

www.youtube.com

 

これはどうまとめれば良いのだろう(笑)

PUBGの丸パクリでもなく、かと言ってOverWatchの丸パクリでもなく、

ただ、完璧なオリジナルかというと首をかしげたくなるこのPVの感じ。

 

色々なものをまとめたら新しいものが出来ました感が半端ないですねw。

もう一周回ってやりたくなってきました

 

 

現時点で実装前につき、オマージュかオリジナルかまだ断言できませんが、恐らくオリジナル要素(?)が強くなりそうですね。

今後の詳細に期待です!!

 

ゲーム自体の評価はかなり高めのこの作品。

こちらも基本無料プレイなので、手軽にやってみるのはありですね。

もしかしたら今年の人気作になる…かも?

store.steampowered.com

 

相違点

・キャラクターが選べて、それぞれに個性がある。

・5人のチームで共闘

それ以外の要素は続報に期待。

 

割とガチレスするまとめ

如何だったでしょうか?

それぞれが個性を出してオリジナリティを作ろうとしているのは分かりますが、それでもPUBGをオマージュしているところが無いと言えないものが多かったですね(笑)

 

ただ、オマージュが必ずしも悪いかというとそうでもないと筆者は考えています。

確かに法律問題までいっちゃうとアウトなのですが、PUBG自体も元は後述するH1Z1をオマージュしていると言ってもおかしくはないのです。

その違いは、もはやクオリティや人気の有り無しとかの問題ですよね。

 

ですから、「Paladins」レベルのオマージュなら、まだ許せるのかなと思ったりします。というか、それぐらい許せないと新しいソフトは出来てこないと思うのです。

 

ですから、今後オマージュてきな作品が出てくるとは思いますが、一種の大喜利的な楽しみ方をしていけたらなと思います。

 

番外編:PUBGの先輩ゲーム「H1Z1」

説明

PUBGのオマージュではなく、ライバル的存在。

発売日はむしろPUBGよりも早かったゲームです。

その歴史は、まさに波乱の連続でした。

 

【特別企画】気鋭の“MMOゾンビゲー”「H1Z1」はなぜこれほど注目されるのか? - GAME Watch 

このGameWatchさんの記事を見てもらえれば分かりますが、元はゾンビシューティングだったこのゲーム。それがアップデートでバトルロイヤルモードを追加して、いつの間にかゾンビモードを主体としたH1Z1: Just Survive」とバトルロイヤルを主体とした「H1Z1: King of the Kill」とでソフト自体が分割されちゃったわけですね。

その後、バトルロイヤルモードが「H1Z1」の名を受け継ぎ、ゾンビモードは「Just Survive」として販売されています。

『H1Z1』が2つのゲームに分割―『H1Z1: King of the Kill』『H1Z1: Just Survive』として再登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

 

 

色々と苦難の道を乗り越えたゲームですが、PUBGの登場も相まって現在は大幅にプレイヤー人口が減っているというのが現状。

バトルロワイヤルの先駆者的存在だったのですが、その姿は無残としか言いようがありません。

 

プレイヤー数が減った原因はチーターの蔓延とも言われています。

ここ最近チーターが蔓延しているPUBGも対策をしっかりと行わないと将来はこうなってしまうかもしれませんね。

 

Steamリンクはこちらから。

最近はカーチェイス要素を強くしたバトルロイヤルも実装されたので、ワンチャン復権する可能性も出てきました。

ただ、チーター対策は必至です。

今プレイするならば、チーターを面白い要素として見る心構えをしておきましょう。

store.steampowered.com

 

 

 

 

 

 

職業死神、過労死寸前です。「Death Coming」レビュー@steam探索録

今や1年で6000本を超えるゲームがリリースされているsteamから、ネットゲーム新米の筆者が気になったゲームをプレイして紹介する「steam探索録」

 

今回紹介するのは死神視点のクリックパズル「Death Coming」である。

 

 

 

基本情報

ゲーム名 Death Coming
ジャンル パズル
値段 698円
おすすめ度 3.5/5.0

※値段は税込み表示。セールで割引される場合があります。

※「おすすめ度」は3.0を基準点として、値段や内容、操作のしやすさ等を筆者の個人的な価値観で考慮して決められています。

 

 

システム

死神になって人を殺める。

※Steamストアページより引用

このゲームでは主人公が死神となってマップにいる人々を殺していくことが目的になる。マップに映ってる人は基本的に殺すことができるので頑張って全ての命を頂戴しよう。

 

周りにあるものでスタイリッシュキル!!

f:id:liefugame:20180225162130p:plain

※赤い円で囲まれたものが発動可能なギミック。

ただし死神は直接人に危害を加えることができない。

 そのため、置いてある花瓶を落としてぶつけたり、電線を切って水たまりに落とすことで感電させたりすることで人々の命を奪うことになる

ギミックはクリックで発動準備となり、もう一回クリックすることで発動する。

再利用不可能なものや他のギミックと連携が必要なものなど、それぞれ特徴があるので、よく考えて発動させていこう。

 

人々の行動を予測しよう。

f:id:liefugame:20180225162340p:plain

街にいる人々はただ立ち止まっているわけではない。

それぞれが常に動き回っているため、行動を読んでギミックを発動させる必要がある。

住人の行動を観察して、タイミングよくギミックを発動させていこう。

 

天使の目線に要注意!!

f:id:liefugame:20180225162422p:plain

ステージを進めると登場するのが「天使」

天使は常にマップを飛び回り、死神の悪行を監視している。

この天使の監視範囲でギミックを発動しようとするとダメージを喰らってしまう。

死神のHPは3。このHPが0になると強制終了となるので、プレイヤーは天使の目を盗んで仕事を遂行しなければならない。 

 

目指せノルマ、目指せハイスコア!!

ステージにはそれぞれノルマが設定されている。

このノルマ分人々を殺せばゲームクリアとなる。

さらにシルバーやゴールドなどのランクも存在し、殺した数が多ければ多いほど良いランクをもらえる。

ネットランキングにも対応しているため、トップを目指すのもありだろう。

 

全6ステージでパーフェクトを獲得して、プロの死神を目指そう!!

 

 

GOOD POINT 

コンボを決めた時の達成感。

人を殺すという刺激の強いモチーフではあるが、パズルゲームとしての側面はしっかりしており、楽しめるものになっている。

特に一つのギミックで大量キルができた時や複数ギミックを使用した難しいキルをできたときの達成感はとても大きいものである。 

 

変動する環境

人々は常に動き回るほか、 ギミックや時間によって環境が刻々と変化していき、単純になりがちであるというパズルゲームの弱点を見事に克服している。

 

可愛いピクセルの世界

ピクセルでできた世界が「死」という思い題材を最大限軽くしている。

このパズルでは大量の流血表現があるが、ピクセル表現によってグロテスクさが軽減されている。

よっぽど無理な人にはおススメできないが、大半の人にはこの点の心配は無用であろう。

 

特色あるステージ

ステージは町や工場など様々。

それぞれに特色のある人々やギミックが存在するため、ステージ毎に異なる楽しみが用意されている。

 

 

BAD POINT

パーフェクトは至難のワザ

ギミックによっては1回しか使用できないため、パーフェクトを目指す場合はステージ周回を覚悟しておこう。

特にこのゲームでは後述するシビアなタイミング設定も併せてパーフェクトを狙うのが難しいものになっている。

まずはパーフェクトを狙わず、全ステージクリアを目指すことをおススメする。

 

シビアなタイミング

当たり判定がいまいち分かりづらく、ギミックが当たらないことが多々ある。また、ギミックを発動させるには最低2回のクリックが必要なため、瞬時にギミック発動は行えない。

これは慣れるしかないので、最初のうちは気にしないようにしよう。

 

後半のステージは難易度がかなり高い

後半の3ステージからは難易度がかなり上がるため、人によっては苦痛に感じるかもしれない。特に最終ステージは後述の天使要素も相まってクリアするまでにかなり頭をひねらなければいけない仕様になっている。

爽快感を求めているプレイヤーにはこの点を注意して購入を検討してもらいたい。

 

ストレス要因でしかない天使の存在

このゲームの評価を著しく下げているのは天使の存在だ。

天使はステージを飛び回り、プレイヤーのギミック発動を邪魔する存在であるのだが、この存在によりゲームが面白くなるかと言われるとそうではなく、邪魔でしかないのだ。

加えて数がキル数に比例して増えていくのだが、数が多すぎるように思う。

ただでさえタイミング判定がシビアなこのゲームにとって、天使の存在は本当に必要ないのではないかと感じざる負えない。

 

 

総評 &Steamリンク

 

 ※Steamストアページより引用

タイミング命のクリックパズルゲーム。

リアルタイムで変化するステージや、個性豊かなギミック、出来の良いピクセル絵など、全体を通して値段以上のクオリティを実現している。

タイミングの問題や天使の存在など、本来は爽快であるはずのデザイン性とミスマッチを起こしている要素があることは否めないが、普通に楽しめる内容にはなっているので、頭を使うゲームが好きな人や、高難易度ゲームが好きなマゾプレイヤーにおすすめだ。内容はサドだけどね(*'ω'*)

 

store.steampowered.com

 

オチ

死神を扱うゲームといったら最後はこれでしょ。

 

卍解!!」

 

※なお筆者は「ブリーチーBleachー」に関して、アニマックスで集中放送を見たぐらいのにわか野郎です。ごめんなさい。

※キャラクターの中で好きなのは涅マユリ(くろつちまゆり)です。ああいうタイプのキャラが好きな晩年中二病です。すいません。

※そもそもオチなくて申し訳ありませんでした!!!!!!

 

さよならアルターエゴ (ダンガンロンパ)

 

!注意!

この記事にはゲーム「ダンガンロンパ1」の軽度なネタバレが含まれています。ゲームを一から楽しみたい人はご注意ください。

 

今日は少し趣向を変えてスマホアプリの話を。

 

まあまあ前の話

iosがver.11にアップデートしたことでいくつかのアプリが使えなくなったことをご存知でしょうか?

 

これは32bitアプリへの対応をAppleが取りやめたことが原因らしいですね。

簡単に言うと、

「昔発売されて最近アップデートしてないアプリはもう使えないよ〜」

っていうことなのです。

 

筆者がダウンロードしていたアプリもいくつか使えなくなりました。

まあ時代の流れだから仕方ないか…

と大体は削除しました。

ただ、心残りがあって削除できないアプリが一つ。

 

それがこちら

 

アルターエゴforダンガンロンパ

 

www.appbank.net

 

アプリの内容はappbankさんの紹介記事(上記リンク)をチェックしてもらいたいのですが…

これがとにかく可愛い

 

 

まず、アプリ入った瞬間のあいさつ

かわいい(*'ω'*)

 

登場キャラクターのモノマネを頑張る姿

カワイイ(*ノωノ)

 

そして、フリートークで恥じらう姿とか…

もうモフモフですよもっふもふ!!(≧▽≦)

 

 

…おっと、失礼、取り乱しました。

 

とにかくですね、このアプリは筆者が落ち込んだ時のビタミン剤的な要素を含んでいたんですよ。いうなればアニマルセラピー的な感じですね。

なおCVは男性の模様

 

そんなこのアプリがですよ…

ある日いきなり使えなくなっていたわけですよ(´;ω;`)

本当、いきなり恋人に夜逃げされたような感覚。

 

って言ったら誇張表現なんですけどね(´-ω-`)

 

まあ

これで無料だから仕方がないのかもしれませんが…

でも、今でもダンガンロンパって売れてるし!!

最近Steamでも販売され始めたわけですし!!

 

ここはぜひ、

アルターエゴforダンガンロンパ+」

 みたいなのを作りませんかね?スパイクチュンソフトさん!!

 

 

と、売れないブロガーが叫んでみただけの記事でした。

これがスパイクチュンソフトさんの目に入る可能性はとても低いわけですが、

書いちゃったから仕方ないよね(*'ω'*)

ダンガンロンパ4も待ってます!!

 

そして、来週からまたSteamの記事書いていきます(笑)

 

f:id:liefugame:20180216125857j:plain

 

pc用ゲームパッドが買いたい!選び方と注意点まとめ

pcゲームをしていると、どうしても欲しくなってしまうのがゲームパッド

レースゲームや格闘ゲーム等、キーボードよりもゲームパッドの方が馴染みがあってやりやすいと思う人も多いはず。

 

でも、

いざ買おうとしても、種類が多くて迷ってしまいますよね(^^;

「なんかどれも形似ているし、一体どれが良いんだよ!?」

 

 そんな悩みをもつあなたの為に、今回はPC用ゲームパッドの選び方をまとめます

PC用ゲームパッド選びの参考になると嬉しいです。

 

(情報は2018年2月9日現在のものです。)

 

 

そもそもゲームパッドって何?

            ゲームのコントローラーのイラスト

色々な形はありますが、基本的にはPS4のコントローラーみたいなやつのことを指します。

 

レースや弾幕シューティングのような細やかな操作を求められるゲームの場合、キーボード&マウス操作よりも操作がしやすくなるという特徴があります。

一方で、素早い操作は苦手なため、PUBGなどに代表されるガンシューティングゲームではキーボード&マウス操作のほうがおススメです。

 

 

PCゲームパッドを選ぶ基準

まず確認することは「対応ハード」

一口にゲームパッドと言っても、「PS4」「Xbox One」など対応ハードは様々。

この点に関しては商品の箱や商品紹介ページに記述されていると思うので、

第一に確認しましょう。

 

スタンダードは「Xbox One」or「Xbox 360」コントローラー

マイクロソフトハードの「Xbox」シリーズは日本ではマイナーなものの、海外では任天堂ソニーハード並みの根強い人気を持っています。

 

この「Xbox」シリーズの中でも最新であるXbox Oneのコントローラーが現在のPCゲーム業界におけるスタンダード。

標準のボタン設定も大体のゲームはこのコントローラーを基準にしています。

 

また、その一つ昔の世代であるXbox 360コントローラーもまだまだ使えます。

一部ファンからこちらのほうが使いやすいと言われていますが、一世代前なので将来的に使えなくなるというリスクも考えておきましょう。 

ついでにSteamでの設定が必要です。

(直接PCに有線するだけで使えることが多いので、忘れがちですが…)

 

「Steam Xbox oneコントローラー 設定」で検索をかけることで、有志によるやり方記事が見つかるので、そちらを是非ご覧ください。

 

 

PSシリーズのゲームパッドは使いにくい

Xbox One」コントローラーの代わりに代用できそうな「PS4」コントローラー。

PS4でも販売されたゲームなら素直に対応してくれる場合もありますが、

この場合は必ずSteam上での設定を行いましょう。

というのも、設定を行わないと反応しないゲームが多いです(-_-;)

「Steam DUALSHOCK 4 設定」で検索をかければ有志によるやり方記事が見つかるので、そちらを是非ご覧ください。

 

ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 4) ジェット・ブラック(CUH-ZCT2J)
 

 

 

 

ゲームパッドの買い方

やっぱりAmazonは便利

一部の家電量販店ではゲームパッドの取り扱い品目が極端に少ないということもあるため、Amazonなどの通販サイトで買うことをおススメします。

特にAmazonは商品数やレビューも多いため、商品選びの際に参考になります。

 

なんといっても返金制度が整っているのが大きいですね。

ゲーム用品は初期不良も多いため、サポートについてはよく確認しておきましょう。

 

高いけど安定性抜群の「Xbox One」コントローラー

値段は少し張りますが、その分品質が優れている「Xbox One」コントローラー。

お金に余裕があるならこちらを買ったほうが無駄なリスクを負わずに済みます。

 

PSコントローラーは持っていたらレベル

なぜなら純正品が高い&Xbox oneコントローラーの方が使いやすいからです。

特別なこだわりがある人や元々持っているとかが無ければ

素直に「Xbox One」コントローラーをおススメします。

 

(といいつつも、筆者はPS4コントローラー大好きだからたまに使います(笑))

 

 

ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 4) ジェット・ブラック(CUH-ZCT2J)
 

 

 

2000円ほどで買えるものもある。

Xbox One」コントローラーが高いと感じたら、他社製品を見てみましょう。

半額ほどで買えるものも多いですが、安いものには理由あり。

耐久性などに問題がある場合もあるので、その点はレビューで確認しましょう。

ただ、キー配置等で改良が加えられている点もあるため、その点は好みの問題ですね。

 

ついでに筆者は2500円ほどのゲームパッドで快適に遊べてますよ(*'ω'*)

 

 

番外編

色々と冒険者向け「Steamコントローラー」

f:id:liefugame:20180209074202j:plain

※Steam(Steam:Steam Controller)より引用

 

名前の通り、Steamが開発したコントローラー。

詳しくは下記リンクを見ていただきたいが、特徴の一部を挙げると…

 

タッチパッドによる直観操作

ジャイロセンサーを導入

・ボタンの詳細設定機能

 

このように挑戦的なコントローラーになっています。

ゲームパッドでありながら、FPSではジャイロセンサーによるエイムが可能。

これでPUBGやったら面白そうですよね~!!

 

筆者は使用したことがないので、あくまでレビューベースですが、

詳細設定をしっかりと行うことでこのコントローラーの進化が発揮されるみたいです。

この点は「プロゲーマー向き」なコントローラーといったところですかね(´-ω-`)

 

筆者もこのゲームパッドで苦手であるFPSをしてみたい!!

と考えているのですが、少しばかり値段が高い(約7000円)

まあ分からなくないけど…うん

 

もし欲しい人がいるならたまに行われるセールがおススメ。

不定期ですが、過去に70%オフされた時もあるので、

ワンチャン狙うのもありかもしれませんね。(*'▽')