Steamゲーム感想記

忙しいからこそゲームをする

Tracks - The Train Set Game 〜ノスタルジックなウッドレールシム〜 @steam探索録

 

今や1年で6000本を超えるゲームがリリースされているsteamから、ネットゲーム新米の筆者が気になったゲームをプレイして紹介する「steam探索録」

今回は子どものころに触れた人も多いであろうプラレールのウッド版、通称「ウッドレール」をシュミレーションゲーム化した「Tracks-The Train Set Game」である。

  

 

基本情報

 

f:id:liefugame:20171210005900p:plain

※値段は税込価格

※アーリーアクセス中のため、表の数値は今後変更される場合があります。

システム

 

先ずはレールをつなげる。

操作に使うのはマウスとキーボード。基本設定ではマウスはレールの設置とやり直し。キーボードで移動と削除、レールの高低差設定を行う。少し癖があるが、慣れると直感的に操作ができる。

f:id:liefugame:20171209031414p:plain  f:id:liefugame:20171209031443p:plain

 

レールに関しては接続していれば基本自由に設置が可能。分岐も操作中のレールを既存のレールに繋げることで簡単にできる。

f:id:liefugame:20171209031650p:plain

後述のオブジェを使い一通り作ったコースがこちら。

普段創作ゲームが苦手な筆者でもここまで作りこむことができた。

ただ置いているだけだが、しっかりとした見栄えはするものだ。

 

一通りコースが完成したらトレインモードで実際に機関車を走らせてみよう。

トレインモードでは運転席視点での操作が可能。矢印キーで前進、交代、分岐における左右への線路切り替えが可能だ。

f:id:liefugame:20171209032155p:plain

一度ギアを上げれば後退にギアを入れるまで機関車は前進を続けるため、モードを切り替えて機関車が走り続けるのを見ることもできる。

さらに物理エンジンが採用されている為、オブジェにぶつけてその後を観察するという楽しみ方もある。

 

オブジェについて

木の家や駅、ベンチなどの他に駅があれば実際に乗車する木で出来た人々、積み木のタワーや加速装置もある。

これらを活用することで、動くジオラマのような楽しみ方をすることができる。

一部のオブジェは特定の条件を満たすことで動作するものもあり、楽しみ方の幅を広げてくれる。

 

GOOD POINT

 柔らかなグラフィックとほんわかさ

 グラフィックの質が良く、ウッドレールが持つ木の温もりを見事に表現している。

列車が走る音も心を落ち付かせ、近年のゲームには無い暖かなほんわかさを醸し出している。

ウッドレールという着眼点とその表現技術は驚き入るものだ。

 

縛りの少ない構造

 このゲームには特別な目的は存在しない。プレイヤーは時間に追われることなく、自由な創作を楽しむことが可能だ。

直感的な操作もそれを手助けしており、簡単に自分の想像を形にできる。

また、オブジェにも文字が打ち込める看板や音を鳴らすベルなども存在しており、機関車の走りに合わせて音楽を奏でるなど、創作の幅を広げている。

 

 

BADPOINT

 目的が無くグダグダになることも。

 このゲームは執筆時アーリーアクセスなのだが、解放されているのはフリープレイのみ。それでいてマインクラフトのようなアドベンチャーやクラフトがあるわけでもない。目的ややりこみ要素が無く人によってはすぐに飽きてしまうこともあるだろう。

 ついでに筆者は1時間ほどで満足してしまった。

 

不安定な挙動と既存アイテムの応用性のなさ。

 アーリーアクセスのゲームによくありがちだが、脱線しないはずのところで電車が脱線したり、人が反応しない駅があるなど、挙動が不安定な時がある。

また、人は駅が無いと動いてくれず、家や警察、消防署はただの置物になっている。

このゲームが今後どのような進展をするか分からないが、現時点でシュミレーションゲームとしてみるなら、他のシュミレーションゲームよりも寂しく感じてしまう。

 

総評

今後のアップデート次第で大化けするかもしれないゲーム。 

アーリーアクセス中ではあるが、グラフィックに関しては既に完成されており、その他の要素にも十分な可能性を感じる。

ただ、アップデートではアイテムの調整や追加が多く、今のところはごっこ遊びを拡充しているのみと言わざる負えない。

現時点では、一時的にはハマるが、多くの人は長くは遊べないだろう。

幸いにも、モード選択のページが存在しており、今後のアップデートでパズルゲーム等の新たな遊び方が追加されると期待を持つことはできる。

とりあえずフォローリストに入れておいて、面白そうな機能が追加されたら買ってみるというのはいかがだろうか?