Steamゲーム感想記

忙しいからこそゲームをする

Blaze Rush ~アメリカ版ウエライドは重火器続出!?~@steam探索録

今や1年で6000本を超えるゲームがリリースされているsteamから、ネットゲーム新米の筆者が気になったゲームをプレイして紹介する「steam探索録」

 

今回は一風変わったレースゲームを紹介。

その名は「Blaze Rush」だ。

 

 

基本情報

ゲーム名 Blaze Rush
ジャンル レース
値段 980円
おすすめ度 3.0/5.0

システム

見下ろし視点で遊ぶ画面共通レース

f:id:liefugame:20180107030718p:plain

 1画面共有型のレースゲーム。

プレイヤーは上から視点で自らのマシンを操作することになる。

画面は順位がトップのマシンを優先して進んでいく。

もしトップのマシンから遅れすぎて画面から外れた場合、強制的に画面中央に運ばれる仕組みになっている。

 

重火器でライバルを蹴散らす

f:id:liefugame:20180107031003p:plain

このゲーム最大の売りは、コース上に散らばるアイテム。

ロケットエンジンのような加速アイテムは勿論、当てると相手を吹き飛ばすことができるホーミングランチャーや、相手をスリップさせるカッターなど、ヘビーなアイテムをレース中に使用することが可能。

皆でワイワイ楽しめる要因の一つになっている。

 

個性豊かなマシン

レースマシンに関しても様々な種類が用意され、それぞれに個性がある。

例えばホバークラフトのように浮遊して走行するマシンは、加速が速く操作も滑らかだが、攻撃を喰らうとコントロールを失いやすく、コースアウトもしやすいという欠点がある。

また、タンクのようなカタパルトを持つマシンは、加速が悪い分、ちょっとの攻撃じゃぶれない安定した走りが可能になる。

それぞれに個性があることで、自分好みのレーススタイルを確立できる。

 

迫りくるロードローラー「デスレース」

f:id:liefugame:20180107030831p:plain

後ろから迫りくるロードローラー

このゲームはコースによってラウンド形式の「デスレースルール」が存在する。

先ほど書いたように、このゲームでは画面外に出ると画面中央に戻されるのだが、

このルールでは、後ろから迫りくるロードローラーの餌食になる。

 

他のマシンがロードローラーやコースアウトで走行不能になる度、1ポイント獲得。

最後の一台になるとそのラウンドは終了し、また新たなラウンドになるという形だ。

 

つまりプレイヤーは、コースアウトせず、且つロードローラーに巻き込まれないように運転を行わなければならない。

 

 このルールの存在により、このようなゲームで陥りがちなレース性の欠如が無くなっている。

 

☆GOOD POINT☆

・手軽に遊べてみんなでわいわい

多くのマシン、アイテムが本作のパーティー要素を盛り上げている。

また、レース時間もノーマルルールならワンコース5分程度。ミスをしても一定以上差が開かないため、多少の技術差があっても手軽に楽しめる内容になっている。

 

・レースゲームとしての側面も健在

デスレースルールの存在により、技術で勝負したいレーサー気質のプレイヤーも楽しめる内容になっている。

 アイテムが有るためパーティー要素も存在するものの、このルールならパーティーゲームでよくある理不尽さは軽減される筈だ。

 

但し、パーティー要素が含まれていることを買う際の判断基準に入れておいていただきたい。

 

☆BAD POINT☆

・操作が難しい

上から視点のレースゲーム全般に言えることだが、操作が独特で難しい。

 

画面が常に一定方向な為、慣れるまでさ左右の操作ミスを起こしやすいだろう。

また、マシン数が多いと、自分のマシンを見間違えるミスも発生する。

 

アイテムも操作する必要があるため、キーボードよりもゲームパッドでのプレイがおススメだ。

 

・一人だと物足りない

 パーティー要素が強いため、一人だと盛り上がりにかける。一応グローバル通信対応だが、見知らぬ人同士での黙々プレイよりも、フレンド同士でのワイワイプレイが盛り上がるデザインだと感じた。

特におすすめなのは実際に友達を家に呼んで対戦すること。

バカ騒ぎをするのにおすすめなゲームだ。

 

総評

「BlazeRush」の画像検索結果

 ※Steamストアページより引用

多くのプレイヤーが楽しめるようにデザインされたパーティーレースゲーム。

アイテムの存在と選べるルールで、友人同士の集まりでは重宝するだろう。

 

但し、あくまでも「とりあえずの一本」。

ある程度は遊べるが、長く続くかは人を選ぶだろう。

他の人とよく対戦する人なら定価に見合った価値はあるだろう。

 

PCタイトルではこのタイプのレースゲームは少ない。

その中でもこのゲームはかなりレベルが高いため、皆んなでワイワイできるゲームを探している人には選択肢の中に入れて欲しいゲームだ。

 

余談

筆者がこのゲームをプレイした時、ふと頭の中に「カービィのエアライド」という任天堂のゲームを思い出した。

 

このゲームには3つのレースルールがパッケージされているのだが、その中の「ウエライド」というルールがこの「Blaze Rush」と似ているのである。

(内容は「Blaze Rush」の方が充実)

 

この為、筆者は「」を自然と「ウエライド」に被せながらプレイしていた。

「ウエライド」のファンシーな雰囲気とは対照的な重火器続出のメタルな「Blaze Rush」

これが日本とアメリカの違いか〜と興味深くプレイできた(`・ω・´)

 

ついでに…

「ウエライド」を青春時代にプレイしていた身として言うと、このゲームはとても安いと感じた。なんせ「カービィのエアライド」は今でも中古で4500円。しかもゲームキューブ

カービィ好きならともかく、単純に「ウエライド」のようなゲームを楽しみたいなら

圧倒的に「Blaze Rush」の方がお得である。

(ついでに筆者が中学生の頃、一部中古ショップでは1万円近くの取引きになっていたらしい)

 

まあ、「カービィのエアライド」と言ったら「シティトライアル」かもしれませんが…。

あくまでご参考程度に。

少し長い独り言でした。